« 彼が逮捕された。 | トップページ | どこに行けばいい? »

新聞に彼の名。

その朝、新聞の社会面に、わたしは彼の名を見つけました。小さな記事でした。
仕事に行く日なら、絶対に見過ごしてしまうような小さな記事。

二人で住むアパートの鍵を一緒に不動産屋にもらいに行って、一緒に掃除をするという約束を、彼は連絡もなくすっぽかした、その翌朝のことでした。

わたしは、多分叫んでいました。

嘘だ、そんなはずがない、そんなことが起きるわけがない! 
…しかし、震える手で何度記事を読み返しても、彼の名であり、年齢も、職業も、住所も、間違いがありませんでした。
毎日欠かさずメールをやり取りし、必要な時には電話を掛け合っていた仲です。
部屋を借りるという大事な約束を、連絡なしにすっぽかすわけがありません。
前夜、携帯の電源は落ちており、ただ事ではないという不安の中、ひとり丸くなって迎えた朝のことです。
信じるしかないのかという絶望が襲ってきました。

会えない! わたしは二度目の叫び声を上げました。

彼を逮捕したのは、警察ではなかったのです。  

【東京地検特捜部】…彼を逮捕したのは、地検の特捜でした。

会えるわけがありません。容疑は、『業務上横領』  特捜が動くほどの事件…? いや、きっと何かの間違いに違いない、そういえば遺産相続の仕事をすると言っていた、その件で少しお金を少し動かしたか、誰かに貸してあげたか、何らかで誤解されたに違いない…。  けれど、横領をしたとされる年月日を呼んで、息を呑みました。
わたしが彼と知り合う以前の年月日なのです。

知らない彼。知らない仕事。知らない事件。

そんなバカな…人の為に自分の時間を割いて尽くす彼が、横領だなんて…しかもその額は5000万を超えている…。一人の犯行とは思えない、きっと騙されたに違いない。
わたしは必死でした。震えながら、必死に彼をかばっていました。

わたしは、彼の借金の連帯保証人になっていました。それは知っていました。月々20万円にも及ぶ『利息』の支払日が数日後に迫っていることも、知っていました。
払わなければ電話がかかってくる。会社に電話が来る。家に押しかけて来られる。

事実を確認しなければ。その利息の支払いを何とかしなければ。
そして、彼をこの手に取り戻さなければ…。

よろよろと立ち上がり、わたしは着替えて、化粧をし、地図を持って、まだ冬の香りのする3月の朝に、踏み出して行きました。

|

« 彼が逮捕された。 | トップページ | どこに行けばいい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/408836/6576211

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞に彼の名。:

» グーグルマップ衛星写真 [グーグルマップ]
グーグルマップの上手な活用方法について調べてみました。衛星写真、航空写真、グーグル地図の使い方、グーグルマップサイトの見方などお届けします。 [続きを読む]

受信: 2007年5月28日 (月) 09時47分

« 彼が逮捕された。 | トップページ | どこに行けばいい? »